放電加工、ウォータージェット加工、5軸マシニングによる精密加工の株式会社エイチ・エー・ティー。

社員募集中

TEL.042ー580ー3480

放 電 加 工 と は ?

 放電加工の加工原理

 放電加工とは、加工液中で被加工物である導電性の材料と電極(銅やグラファイト等)の間に電気エネルギーを加え、火花を発生させ、その時に発生するエネルギーによって被加工物の表面を溶融または、蒸発させて除去し、除去された物質は加工液によって冷やされて再凝固し、微少な球状のカスとなり、加工液によって電極と被加工物の間から排出されます。これにより電極の表面形状へと加工していく加工法です。電極も被加工物と同様に溶融または蒸発し電極摩耗が発生するので、精密加工の場合は粗加工、仕上げ加工で電極を用意して加工する必要があります。 また、加工工具(電極)の形状によって、以下のように名称が変わります。

形彫り放電加工

左側:仕上がり製品

右側:電極側

 形彫り放電は、たとえば星型のような電極を用意すれば、そのまま星型の穴を空けることができるというものです。この場合も、加工物と電極間に放電を発生させています。加工工具(電極)の形がそのまま転写されますので、電極を作りこむことによって少々複雑な形状でも加工することが可能です。

ワイヤ放電加工

 ワイヤ放電加工(ワイヤー加工放電)は、細いワイヤを電極としてテンション(引張力)をかけた状態でワイヤを走行させながら、加工物と電極間に放電を発生させ、糸鋸式に製品を加工するものです。

細穴放電加工

 細穴放電加工は、細いパイプ電極(主に真鍮や銅)を使用して、パイプ内面より液圧を掛け、放電加工では困難であった、長く細い穴を空けることを可能にしました。但し、約 0.2mm以下の穴加工になると、パイプ電極を使うことが出来なくなるケースが多く、その場合は放電加工での時間を掛けた加工となります。 弊社ではφ0.10~φ3.0まで対応可能です。

用 途

マシニング、切削加工では達成出来ない、深溝、角出し、小径穴、深穴、人工クラック、複雑形状・・・多くの産業、分野へ対応が可能です。お客様が形を作る上で困った時などに、放電加工が選択されるケースが多くあります。

※今後も多くのお客様からの提案ご相談をお待ちしております。

特 徴

放電加工は、通常の機械加工と違い、非接触で加工を進めるため、材料に残留応力も少なく、材料にストレスない、優しい加工法です。よって取り付け治具、抑え具なども必要なく、小ロット、試作などの時には有効な手段となります。

材 料

導電性金属材料であれば、またグラファイト、Sicのようなセラミック等々も状態によっては加工も可能です。ニッケルベースのインコネル、チタン、ステンレス等切削では嫌われがちな材料、また超硬への加工も可能です。

 

加工対象材料

我が社は放電加工のジョブショップとしてスタートした経緯もあり、放電加工に於いては全ての分野での対応が可能です。 特に航空機の部品を長年手掛けてきた経緯より、回転軸を使用し、航空部品、ロケットの回転体やリング、翼(ブレード、ノズル)への加工は、電極の設 計から全てをお引き受け致します。精密加工の分野では、非破壊検査に用いる金属への疑似疲労欠陥(人工欠陥、ヘアークラック)等のキャリブレーション治具や標準片の作成も致しております。