放電加工、ウォータージェット加工、5軸マシニングによる精密加工の株式会社エイチ・エー・ティー。

社員募集中

TEL.042ー580ー3480

ワ イ ヤ放電 加 工

 ワイヤ放電加工とは

 ワイヤ放電加工とは、細い真鍮製のワイヤを電極としてテンション(引張力)をかけた状態でワイヤを走行させながら、加工物と電極間に放電を発生させ、糸鋸式に製品を加工するものです。

 ワイヤ放電加工例

No.01 ワイヤカット放電加工、工程(展示会用タービンブレード試作)

ワイヤカット放電加工によるクランプ用捨てブロックとの切り離し加工。切り離した後のセレーション側面の厚みは全周1mmです。解りづらいですが、側面は上下異形状のUV制御でのカットを行っています。

ワイヤカット加工、UV制御も仕様

特徴

アルミ材(50系)

材質

No.02 導波管内径異形状加工

大型導波管くり抜きサンプル。入口は正円で出口は長方形の円筒で複雑なカット技術が必要とされる。

長さ450mmのテーパー形状のくりぬき

特徴

アルミ

材質

No.03 タワー

細穴加工と放電加工による東京タワー。

90°方向からの連続くり抜き加工

特徴

アルミ

材質